サニブラウン・ハキーム覚醒の時 長崎国体少年男子B100m 10.45(±0.0)高1歴代最高

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サニブラウン・ハキーム選手の高校一年時、秋の国体での映像です。
ここから彼の快進撃は始まります。

一次加速局面から他に差をつけ、中盤以降は圧倒。外の7レーンには中学記録保持者(10.56)となった宮本大輔選手がいましたが、まったく寄せ付けない圧巻の走りでした。
10.45(±0.0)の高1歴代最高をマークします。

前年と比較し、明らかに円滑な動作になっています。まだ遊脚のリカバリーは遅れ気味ですが、細かい欠点が気にならない程の強さです。
190㎝近い身長や、ハーフである事などから、そのポテンシャルは想像がつきにくく、日本短距離史上最高の素質を持っているのではないか、との意見が多く上がりました。

そして翌年、その名は世界へと知れ渡ることになります・・・・。