PC記事上

ラミル・グリエフ  200m19.88(-0.4)トルコ記録更新 ワールドチャレンジ・ザグレブ大会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラミル・グリエフ選手が現在の自己記録(19.88)をマークした時の動画です。
この一か月前に北京世界選手権に出場し、6位に入賞しています。また予選では20.01をマークしており、それが従来の自己記録でした。アゼルバイジャンからトルコに移住し、ようやくステップアップできる状態まで持ち直せた所ですね。

走りは圧巻でした。周囲もアロンソ・エドワード選手など世界一線級が揃う中、直線からはグリエフ選手の独壇場となりました。走りの完成度はジュニア時代から折り紙付きでしたが、この頃からパワーが増してきた印象があります。いずれにせよ、19.8台というまさに世界トップクラスの実力を証明したレースです。

ウサイン・ボルト選手の出現により、タイムに関する感覚が少しずれてきていますが、従来ならば19.8台の自己ベストを持つ選手は世界大会優勝候補クラスです。

フォローする

スポンサーリンク