PC記事上

【名倉千晃 ❝実業団女王❞】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

氏名:名倉 千晃(なぐら ちあき)

生年月日:1993年6月19日

出身地:大阪府

所属:
東大阪市立若江中学校
東大阪大学敬愛高等学校
東大阪大学
園田学園女子大学
NTN

身長:162cm

自己記録

100m 11秒65
200m 23秒84

主な戦績
2011年 全国高校総体100m準決勝敗退・400m2位・4×100mリレー8位・
4×400mリレー3位
国民体育大会少年女子A100m8位・400m8位
2015年 日本インカレ100m7位・400m5位
2017年 日本陸上競技選手権200m予選敗退
全日本実業団選手権100m・200m優勝(二冠)

社会人二年目ながら、2017全日本実業団で100m・200mの二冠を達成した名倉千晃選手です。100m~400mまでバランスよくこなすマルチスプリンターで、リレー種目も両方出場することの多いタフネスな選手です。

高校時代は当時勢いの強かった東大阪大敬愛で活躍し、三年時のインターハイでは100mと400mにエントリー。この兼ね合いはとても珍しいですが、400mでは2位入賞を果たしています。両リレーも入賞しており、優勝には届かないものの印象的な結果を残しています。

大学は東大阪大学に進学しますが、三年時に園田学園女子大学へ編入。四年時の日本インカレでは高校時代同様100m・400mにエントリーし、ともに入賞を果たしています。

大学卒業後はNTNに就職し、競技を継続。二年目となる2017年は飛躍の年となり、全日本実業団では200m23.84の自己ベストで優勝!さらにその後の100mも11.65の自己ベストで優勝し、見事二冠達成!


名倉選手のランニングフォームです。
エネルギー溢れる走りで、力強さは他の選手と段違いです。写真を見ても分かるように鍛え上げられた大腿部の筋肉量はかつての石田智子選手を彷彿とさせますね。
走りは元世界女王シェリーアン・フレーザープライス選手に似ています。腰椎の前弯が強く、少し顎が上がった状態でグイグイと前進します。


とても勢いがあり、さらにタフネスなのが本当に魅力的です。これまでいなかったタイプの選手なので、これからがとても楽しみです。応援してます!

フォローする

スポンサーリンク