福島聖 インターハイ200mを制す 21秒04(+0.5)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年山形インターハイ200mの決勝です。本レースは100mで連覇を達成し、二冠を狙う宮本大輔選手に注目が集まっていました。
レースの展開は、意外にもコーナーを出た地点で既に福島選手がやや先行。宮本選手は少し力みが見られ、いつもより上体を揺らして走っています。終盤も福島選手は落ち着いて走り、右側をチラ見する余裕もあり。東海大静岡翔洋の高木悠圭選手も追い上げますが、わずかに及ばず。そのままリードを守りきり、福島選手が見事高校王者に輝きました。
福島選手にとっては、これが自身初となる全国タイトル。同学年に宮本選手がいるため、今後も厳しい戦いが続きますが、お互いしのぎを削る事で世界への道も開ける事でしょう。