兒玉芽生 11秒82(-1.1) 愛媛国体少年女子A100m決勝

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年インターハイ100mに続き、兒玉芽生選手が国体も優勝を成し遂げました。
準決勝では11.76の自己ベストをマークしており、絶好調で迎えた決勝。復調してきた斎藤愛美選手との競り合いになりましたが、中盤からはしなやかな走りで徐々にリードを奪い、見事一着でフィニッシュ。雨で向かい風1.1という悪条件下で、11.82という好記録をマークしました。
レース後のインタビューでは高校記録を更新したいと語った兒玉選手。チャンスは残り少ないですが、ぜひ挑戦してほしいですね!

フォローする