名倉千晃 11秒63(+1.2) 国体成年女子100m 全日本実業団に続き優勝!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年国体成年女子100mは絶好調の名倉千晃選手が制しました。
出場予定だった世古和選手が欠場したため、急遽参加が決定。そんな中、他を寄せ付けない強さで圧勝!
本大会では準決勝11.65、決勝では11.63と立て続けに自己ベストをマークしています。本当に今勢いがある選手ですね。決勝の走りも力みはあったのですが、それでも他の選手とはパワーが段違いでした。
来年以降は細かい技術など改善し、トップ戦線に絡んでくるはずです。彼女の場合は100m~400mまでこなせるので、どの種目にエントリーしてくるかにも注目ですね。

フォローする