日本の陸上競技場の一覧≫

ウェイド・バンニーキルク|プロフィール・経歴・走り方の紹介【陸上】

ウェイド・バンニーキルクのプロフィール

氏名

ウェイド・バンニーキルク(Wayde Van Niekerk)
※ファンニーケルクと表記する場合もあり

生年月日

1992年7月15日

国籍

南アフリカ共和国

出身地

ケープタウン

所属

Bellville Primary
Grey カレッジ
ザ・フリーステイト大学

身長

183cm

体重

72kg

自己記録

100m 9秒94
200m 19秒84
300m 30秒81
400m 43秒03

主な戦績

2010年 世界ジュニア200m4位
2011年 南アフリカ選手権200m優勝
2013年 ユニバーシアード4×400mリレー3位
2014年 コモンウェルスゲームズ400m3位
2015年 北京世界選手権400m優勝
2016年 リオデジャネイロオリンピック400m優勝
2017年 ロンドン世界選手権200m2位・400m優勝

ウェイド・バンニーキルクの経歴

2016年リオデジャネイロオリンピックで400mを制し、43.03の世界記録をマークしたウェイド・バンニーキルク選手です。史上初めて100m9秒台・200m19秒台・400m43秒台をコンプリートした選手でもあり、底が知れない実力を有しています。

1992年、彼は南アフリカのケープタウンで誕生します。ケープタウンはアフリカ有数の大都市であり、比較的治安も良く観光地としても人気のある場所です。
その街で彼は育ち、ジュニアスクール時代には従弟のチェスリン・コルビと共にラグビーに熱中しました。(ちなみにコルビはその後もラグビーを続け、リオデジャネイロ五輪7人制ラグビーで銅メダルを獲得しています。)

バンニーキルク選手の国際大会デビューは19歳の時、2010年世界ジュニア選手権200mでした。まだ陸上競技を始めて間もない頃でしたが、順調にラウンドを勝ち進み、決勝では自己ベスト21.02をマークし4位入賞を果たしています。(ちなみにこの時の優勝者は日本の飯塚翔太選手です。)
翌2011年は南アフリカ選手権200mで優勝し、自己ベストも20.57まで伸ばしています。

これまで200m専門の選手として活動してきたバンニーキルク選手。2012年からは新しく師事したコーチ、アンス・ボエタ氏に才能を見込まれ、400mに参戦を開始。同年の最高記録は46.43でした。

2013年にはロングスプリンターとして頭角を現し、南アフリカ選手権400mで優勝。ここで初めて45秒台をマークします。さらにその後転戦の中で自己ベストを45.09まで短縮し、ついに世界選手権参加標準記録を突破。初のシニア世界大会代表の座を勝ち取ります。
しかし南アフリカ王者として臨んだモスクワ世界選手権、結果は400m予選落ちに終わっています。

世界選手権での惨敗から一年。2014年は春から快進撃を見せます。4月には44.92をマークし、その後出場したニューヨークダイヤモンドリーグではラショーン・メリット選手に敗れたものの、44.38の南アフリカ記録を樹立しました。その後久しぶりに出場した200mでは20.19をマーク。
そしてコモンウェルスゲームズでは400m銅メダルを獲得。これが彼にとって国際大会初の個人でのメダル獲得となりました。

好調で迎えた2015年。彼の時代が到来します。
春先にいきなり43.96を叩き出し、自身の持つ南アフリカ記録を大幅に更新します。
満を持して迎えた北京世界選手権では、43.48をマークし圧勝。二着のラショーン・メリット選手も自己記録を更新する快走を見せましたが、それを上回る走りでした。

2016年。世界王者として臨むリオデジャネイロ五輪です。
予選、準決勝と力を温存し勝ち進みます。そして舞台は決勝。
キラニ・ジェームス選手、ラショーン・メリット選手と役者が揃う中、格の違う走りを見せます。ホームストレートにトップで入り、その後も後続を引き離し続け一着でフィニッシュ!記録はなんと43.03。あのマイケル・ジョンソン氏の世界記録を17年ぶりに更新し、金メダルを獲得しました。

2017年は春から様々な距離に挑戦。6月には100m9.94、200m19.84の自己記録をマークし、オストラバ・ゴールデン・スパイクでは300m30.81の世界最高記録を樹立。この種目でもマイケル・ジョンソン氏を上回りました。
ロンドン世界選手権では400mで連覇達成。二冠を狙い出場した200mではラミル・グリエフ選手に敗れ惜しくも2位に終わりました。

ウェイド・バンニーキルクの走り方

バンニーキルク選手のランニングフォームです。
身長183cm体重72kgと、ロングスプリンターとしては標準的な体型で、形体的に目立つ特徴もありません。
この動画は400mラストの局面ですが、正確なフォームを維持しています。400mランナーは苦しい局面になると、膝伸展に頼った上下動の多いキックをする傾向にありますが、彼の場合はそういったロスの多い動作は見られません。
100m9.94の爆発的なスプリント力を、大きくフォームを変える事無く400mに活かしています。以前藤光謙司選手が「本当に速い選手はどの距離を走っても速い」と発言していましたが、まさにその通りの選手です。

競技力ではウサイン・ボルト選手にも引けを取らない、まさに”怪物”です。今後は陸上界を背負う形になり、プレッシャーも一段と大きくなりますが、また夢のある走りを見せてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です