当サイトの今後の運営方針≫

瀬尾英明|プロフィール・経歴・走り方の紹介【陸上】

瀬尾英明選手は2018年国民体育大会少年A100mの優勝者。

瀬尾英明のプロフィール

氏名

瀬尾 英明(せお ひであき)

所属

野田市立東部中学校
西武台千葉高校

主な戦績

2015年(中3) 全日本中学選手権200m予選敗退
2016年(高1) 国民体育大会少年B100m4位・400mリレー準決勝敗退
2017年(高2) 全国高校総体400mリレー準決勝敗退
2018年(高3) 全国高校総体100m準決勝敗退・200m5位・400mリレー5位
国民体育大会少年A100m優勝・400mリレー準決勝敗退

瀬尾英明の経歴

中学時代は三年時に全日中出場、200mで予選敗退に終わっている。

西武台千葉高校に入学後は、一年時の国体で少年B100m4位に入賞。三年時のインターハイでは200mで5位に入賞し、国体少年A100mでは優勝を果たしている。

瀬尾英明の走り方(ランニングフォーム)

瀬尾英明選手の走り方(ランニングフォーム)の紹介です。

なかなか日本人離れした走りの質感をしています。とにかく動きが柔らかいんですよね。中盤からゆったりと弾むような走りでスーッと集団から抜け出すのが特徴。実際の体格よりも身長が高く感じられます。走りのテンポだけを見れば、同学年の塚本ジャスティン惇平選手と少し似ているかもしれません。伊東浩司さんが好みそうな走りです。

走り型に関してはとにかくキレイな動き。蹴った足をあまり後ろに残さないのが特徴で、前に運ぶ動作を強調しているようにも見えます。上半身に関しては、少し胸椎が後弯位(猫背)を保っていますが、肩関節伸展動作の可動域は広く、また伸展側(腕を後ろに振る側)の胸を前に突き出すような動作でリードしています。かつての末續慎吾選手と似たような身体の使い方ですね。

まだ肉体的には成熟していない印象で、スタート動作などは筋力向上とともに磨かれていくでしょう。今後が楽しみな選手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です