日本の陸上競技場の一覧≫

壹岐あいこ|プロフィール・経歴・走り方の紹介【陸上】

2015年全日中200m優勝、2018年全国高校総体200m優勝者。2017年ユニバーシアード代表である壹岐いちこ選手は実の姉。

壹岐あいこのプロフィール

氏名

壹岐 あいこ(いき あいこ)

出身地

京都府

所属

大津市立南郷中学校
京都橘高等学校

自己記録

100m 11秒85
200m 23秒78

主な戦績

2014年 全日本中学校陸上競技選手権100m予選敗退・200m欠場・4×100mリレー優勝
2015年 全日本中学校陸上競技選手権100m準決勝敗退・200m優勝
ジュニアオリンピックAクラス100m優勝
2016年 全国高校総体200m準決勝敗退・4×100mリレー2位
日本ユース選手権100m2位
2017年 全国高校総体4×100mリレー2位
国民体育大会少年女子A100m5位・4×100mリレー2位
2018年 全国高校総体100m6位・200m優勝・400mリレー2位

壹岐あいこの経歴

中学時代

二年時に全日中に初出場し、100mで準決勝進出、そして400mリレーでは優勝を果たしている。

三年時には個人種目で躍進を見せ、全日中200m優勝、ジュニアオリンピックAクラス100mでも優勝。

高校時代

高校は姉と同じ京都橘に進学。一年時のインターハイでは200m準決勝敗退、二年時の国民体育大会では100mで5位に入賞。

三年時にはインターハイ200mで優勝を果たし、同種目は中学・高校ともに頂点に立った。

壹岐あいこの走り方(ランニングフォーム)

壹岐あいこ選手のランニングフォームです。

体型や走り方など、お姉さんによく似ていますね。肩周囲や骨盤の骨格を見ても、とてもスプリントに適した体型であることが分かります。お姉さんよりもパワー面で優れているようで、姉妹を比較するとあいこ選手のほうが滞空時間は長い傾向にあります。

また姉妹に共通する点としては、少し胸椎が後弯しており、代償的に胸椎の回旋運動が大きくなっている事です。これが生得的要素(遺伝的な関節面の形状など)に起因するのか、もしくは環境的要素(生活習慣など)の影響かは不明です。

姉妹揃って本当にトップ選手というのはあまり例がありません(マイナースポーツの場合はよくありますが)。二人ともスプリントセンスが素晴らしく、今後の期待大です。姉妹揃って日本選手権決勝に残る日が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です