✅短距離走関連でおすすめの本30選≫

島田雪菜|プロフィール・経歴・走り方の紹介【陸上】

島田雪菜のプロフィール

氏名

島田 雪菜(しまだ ゆきな)

生年月日

1998年12月17日

出身地

福井県

所属

福井県立敦賀高等学校
北海道ハイテクAC

身長

162㎝

体重

52kg

自己記録

100m 11秒69
200m 23秒97
400m 54秒59

主な戦績

2015年 日本ユース選手権200m優勝・400m優勝
2016年 全国高校総体200m5位・400m6位
国民体育大会少年A100m2位・400m2位
日本ジュニア選手権100m3位・200m2位
2017年 日本陸上競技選手権100m予選敗退・200m7位
全日本実業団選手権100m予選敗退・200m予選敗退

島田雪菜の経歴

昨年の国体100mで斎藤愛美選手に次ぎ2位となり、大いに注目を集めた島田雪菜選手です。まだ競技歴は浅いですが、類稀な素質を持っており、今後トップ戦線に絡んでくるであろう選手です。

島田選手は中学時代、バレーボール部に所属していました。陸上競技を始めたのは敦賀高校一年生から。元々足が速かった彼女は、驚異的な早さで急成長を遂げます。二年時の日本ユースでは200m・400mの二冠を達成。この時点で、まだ競技歴は1年半程度です。

三年時は春先から不調が続き、夏のインターハイでも200m5位・400m6位に終わっています。
しかし秋の国体、彼女は再度注目を集める事になります。100mに出場した島田選手。準決勝で追い風5.4mの参考記録ながら、11.57という素晴らしい記録をマークしたのです。決勝では斎藤選手に敗れましたが、改めてポテンシャルの高さを示しました。

2017年、高校卒業後は北海道ハイテクACに所属。同年の日本選手権では200m7位に入賞しています。

島田雪菜の走り方(ランニングフォーム)


島田選手のランニングフォームです。
ハイテクACの中村監督が彼女を勧誘したのは、非常に納得できます。なぜなら、体型や身体の動かし方が福島千里選手にそっくりなのです。
勿論フォームはまだ粗削りで、足のリカバリーも若干遅れており、接戦になると体が前のめりになるなど、修正すべき点は多々あります。しかし、それを差し置いても魅力的なのが天才的なバネの強さでしょう。おそらく肉体的なポテンシャルでは、福島選手を上回っているのではないでしょうか?

東京五輪を目標に取り組んでいる島田選手。どれだけ秘めた才能を開花させられるか…。大化けする可能性が高い、大注目の選手です。今後に期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です