当サイトの今後の運営方針≫

奥村ユリ|経歴と走り方(ランニングフォーム)の紹介

プロフィール

氏名:奥村 ユリ(おくむら ゆり)

生年月日:2000年2月20日

出身地:群馬県

所属:
高崎市立南八幡中学校
共愛学園高等学校

自己記録

200m 24秒22
400m 54秒63

主な戦績
2014年 全日本中学選手権100m予選敗退・200m準決勝敗退
2016年 全国高校総体200m準決勝敗退・400m準決勝敗退
2017年 日本陸上競技選手権200m予選失格
全国高校総体200m2位・400m2位・4×100mリレー準決勝敗退
デカネーション4×400mリレー2位
国民体育大会少年女子A400m2位
U20日本選手権200m優勝

2017年U20日本選手権200mで優勝した奥村ユリ選手。一年ごとに着実にステップアップしており、今後大注目の選手です。

奥村選手は中学から陸上競技を始めており、三年時には全日中に100m・200mで出場。200mは準決勝に進出していますが、まだ全国の舞台で勝負できるレベルではありませんでした。

共愛学園高校に進学後は400mにも取り組みを始め、堅実に実力を高めます。二年時に初出場したインターハイでは200m・400mともに準決勝に進出。
そして三年生に進級後は全国トップクラスのランナーに成長し、インターハイで200m・400mともに2位入賞を果たすと、続く国体400mでも2位に入賞。
こうして迎えたU20日本選手権200m。同年インターハイ優勝者の青野朱李選手はU18に出場しており、さらに他のランキング上位者は軒並み調子を落としていたため、奥村選手にとっては絶好のチャンスでした。レースは台風接近のためタイムレース決勝となり、4組で走った奥村選手は24.30(+1.4)で全体1位の記録をマーク。見事優勝を成し遂げました。初の全国タイトル獲得です!


奥村選手のランニングフォームです。
身長はそれ程高くありませんが、骨格・筋肉量ともに均整のとれた体型で、体力的に他の選手よりアドバンテージがある印象です。腕ふり時の胸椎回旋量はやや大きめですが、身体の軸となる部分は安定しており、それ程力が分散している様子はありません。
現在はややロングスプリント寄りの走り方なので、100mも良い記録で走れるようになってくると、面白い存在になると思います。


これまでの成長曲線を見ても、来年以降が楽しみな選手ですね。まだまだ磨かれていない点も多々あるので、今後大注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です