当サイトの今後の運営方針≫

武石この実|経歴と走り方(ランニングフォーム)の紹介

プロフィール

生年月日:1991年10月9日

氏名:武石この実(たけいしこのみ)

出身地:福島県

所属:
福島県立会津学鳳高等学校
福島大学
東邦銀行

身長:168cm
体重:54kg

自己記録

200m 24秒87
400m 53秒47

主な戦績

2013年 日本インカレ400m2位
2015年 日本選手権400m4位
2016年 日本選手権400m予選敗退
2017年 日本選手権400m2位

経歴

武石この実選手は福島県出身の400mランナー。福島大学4年時には日本インカレで2位に入賞し、全国的に注目を集める。

大学卒業後は東邦銀行に就職し、大学時と同様川本和久氏の元でトレーニングを続け、2015年には日本選手権4位に入賞。2017年には日本選手権2位入賞をはたし、国内トップクラスの実力を示している。

走り方(ランニングフォーム)

武石この実選手のランニングフォームです。

個人的には、とても将来性を感じさせてくれる選手です。体幹部の動きが多い走りですが、胸椎・腰椎・股関節の回旋運動が絶妙に噛み合っており、上手に全身のエネルギーを利用しています。ウサイン・ボルト選手や末續慎吾選手はこの動きが抜群に上手いですね。

武石選手は身長168cmと比較的長身で、いかにも足が速そうな体型をしています。トレーニング次第ではショートスプリントでも通用しそうな印象があり、今後が非常に楽しみですね。

女子のロングスプリント界は、武石選手の先輩である千葉麻美選手以降は突き抜けた実力を持った選手が現れていないので、ぜひ次代のエース候補として名乗りを挙げてほしい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です