当サイトの今後の運営方針≫

臼井文音|経歴と走り方(ランニングフォーム)の紹介

2014年ジュニアオリンピックBクラス100mの優勝者。2017年インターハイ100m2位。

プロフィール

氏名:臼井 文音(うすい あやね)

出身地:北海道

所属:
十勝陸上クラブ
帯広市立南町中学校
立命館慶祥高校

主な戦績

2014年 全日本中学選手権100m3位・200m3位
ジュニアオリンピックB100m優勝
2015年 全日本中学選手権100m3位・200m2位・400mリレー予選敗退
2016年 北海道高等学校陸上競技選手権大会100m優勝
全国高校総体100m6位
2017年 北海道高等学校陸上競技選手権大会100m優勝
全国高校総体100m2位
国民体育大会少年女子A100m6位

経歴

小学生の頃から十勝陸上クラブにて陸上競技に取り組んでいる。

彼女のスプリンターとしての素質は早期から開花しており、中学二年の全日中で100m・200mともに3位入賞。同年のジュニアオリンピックB100mでは優勝を果たしている。三年時の全日中は100m3位・200m2位に入賞。

中学卒業後は立命館慶祥高校に進学。一年時の北海道高校選手権で100m優勝。同年のインターハイでも決勝に進出し、6位入賞。さらに高校二年時のインターハイ100m決勝では終盤までトップを走るが、ラストに兒玉芽生選手に逆転され2位となる。

走り方(ランニングフォーム)

 

臼井 文音選手のランニングフォームです。

あの福島千里選手と同じ出身地。地元の十勝では「福島千里の再来」と呼ばれている(らしい)。走りのタイプも福島選手に似てますけどね。いや、どちらかと言えば北風沙織さんに似てるかな?

個人的に、彼女の走りはとても好きなんです。まさにショートスプリンターといった走りで、強めの前傾姿勢で、素早く足を前に運ぶ動き。本人も遊脚の動作に意識を重点しているのではないでしょうか。スタートから颯爽と飛び出す姿は、観ていて心地よいです。

2017年のインターハイは惜しかったですね。兒玉芽生選手との接戦でしたが、準決勝の様子を見る限りはどちらが勝ってもおかしくなかったと思います。

2018年、当然インターハイ優勝が最大の目標と思われますが、今年の女子短距離はレベルが高いですよ。同じ北海道の御家瀬緑選手、2017年200m高校王者の青野朱李選手との争いになります。熾烈な争いが予想されますが、優勝候補の一角として臨んでほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です