日本の陸上競技場の一覧≫

張培萌(ちょうばいほう)|プロフィール・経歴・走り方の紹介【陸上】

張培萌のプロフィール

氏名

張 培萌 Zhang Peimeng(ちょう ばいほう、ジャン・ペイモン)

生年月日

1987年3月13日

出身地

中国

身長

186cm

体重

86kg

自己記録

100m 10秒00
200m 20秒47

主な戦績

2006年 世界ジュニア200m準決勝敗退
2007年 バンコクユニバーシアード100m2位・400mリレー3位
2008年 北京五輪200m予選敗退・400mリレー決勝失格
2009年 アジア選手権100m優勝・400mリレー2位
2013年 モスクワ世界選手権100m準決勝敗退
2014年 アジア大会100m4位・200m準決勝敗退・400mリレー優勝
2015年 北京世界選手権100m予選敗退・400mリレー2位
2016年 リオデジャネイロ五輪100m予選敗退・400mリレー4位
2017年 ロンドン世界選手権400mリレー4位

張培萌の経歴

彼が本格的に陸上競技を始めたのは高校生になってから。その後2006年で出場した北京世界ジュニアでは200m準決勝進出をはたし、また2007年のバンコクユニバーシアードでは100mで銀メダルを獲得するなど、学生時代から世界トップクラスの実績を残す。

2008年には地元で開催された北京五輪に出場するも、200m予選敗退に終わる。その後なかなか世界大会での実績は残せなかったが、2013年に大ブレイク。モスクワ世界選手権100mの予選で10.04の当時中国記録をマークし、さらに準決勝では10.00と当時の日本記録(伊東浩司氏)に並ぶ激走を見せる。しかしわずかに決勝進出には及ばず(1000分の1秒単位)、9秒台の壁とファイナリストの壁を超える事は出来なかった。

その後も競技を継続するが、モスクワ世界選手権でのパフォーマンスを上回る事は出来ず。

2017年を以て現役を引退。その後は清華大学の教員となり、同大学の陸上競技部のコーチとしても活動。

2018年からは冬季五輪の種目であるスケルトンに挑戦を始める。

張培萌の走り方(ランニングフォーム)

張 培萌選手のランニングフォームです。

個人的には、蘇炳添選手以上に衝撃を受けたのがモスクワ世界選手権の張選手。山縣亮太・桐生祥秀といった日本のスター選手が現れ、これからは日本の時代…と思った矢先の衝撃のパフォーマンスでしたからね。

彼の中間疾走のフォームに関しては、まさにパーフェクトです。上体の構え、足の運び、地面の蹴り方…。本当に手を加えるところがありません。

伊東浩司氏もコメントしていましたが、この体格でこの走りをされてしまうと太刀打ちできませんね。強いて言うなら、少しスタートで出遅れる事があるので、パワー強化をするぐらいか…。

しかし、スタートダッシュの強化が必ずしも100m走のパフォーマンス向上に直結しないのもまた難しい所。張選手もモスクワ世界選手権以降、徹底したフィジカル強化に取り組んだとの事ですが、結果には現れませんでした。

いずれにせよ、アジア人に夢を見させてくれた、偉大なスプリンターです。今後は彼の夢は蘇選手や謝震業選手に引き継がれるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です