日本の陸上競技場の一覧≫

桐生祥秀9.98!!日本記録樹立・初の9秒台 2017日本インカレ

遂に歴史が動きました。日本人初の9秒台はやはりこの男!桐生祥秀選手です!
今シーズン大飛躍を遂げた多田修平選手との直接対決を制し、悲願の9秒台達成です。

桐生選手にとっては、プレッシャーの大きいレースだったに違いありません。日本選手権での惨敗で決定的な勝負弱さを露呈してしまい、ロンドン世界選手権は個人での出場権を逃すなど、とても苦しいシーズンでした。

しかし春先から安定してタイムを出しており、条件次第ではいつでも9秒台は出ると期待もされていました。そんな中で迎えた、日本インカレの舞台。
桐生選手にとっても東洋大学のユニフォームを着て走る最後の100m。しかし万全の状態ではなく、足に不安がありました。さらに世界のセミファイナリスト多田選手も参加しており、厳しい戦いが予想されていました。

予選・準決勝は力を温存して走り、迎えた決勝。スタートで大きく先行した多田選手を、中盤逆転。自身の持ち味を全て発揮した、素晴らしい走りでフィニッシュ!速報タイムはなんと9.99!奇しくも伊東浩司氏がバンコクで日本記録を樹立した時と同じ速報タイムです。しかしあの時とは違い、その後表示された正式タイムは9.98!!ついに日本人初の9秒台達成、さらに蘇炳添選手の黄色人種最速記録も更新しました。

長い道のりでしたが、遂に世界レベルの力を獲得しました。この走りが世界大会準決勝でできれば、決勝進出も可能なはずです。
個人的に、桐生選手は9秒8台までは出せると思っています。また、サニブラウン選手・山縣亮太選手の二名も十分9秒台を出す実力があります。

彼らが東京五輪に向かって競い合うことで、日本短距離界のレベルは飛躍的に向上する事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です