当サイトの今後の運営方針≫

宮本大輔 10秒51(-2.0)高校総体100m連覇!2017年

2017年インターハイ男子100mは、前年に続き宮本大輔選手が優勝しました。
本大会の目標に<100m大会記録更新と三冠>を挙げていた宮本選手。100m大会記録は2013年桐生祥秀選手がマークした10.19です。
本大会、宮本選手の調子は決して悪くはありませんでしたが、条件に恵まれませんでしたね。100m決勝は向かい風2.0という難しい条件。スタートは軽やかに飛び出し、中盤できれいに抜け出しましたが、最後は少し塚本ジャスティン選手に差を詰められたか?というレースでした。記録は10.51。本人は満足していないでしょうが、インターハイという舞台で連覇を成し遂げた事は素晴らしいと思います。
続く200mは4位、4×100mリレーは2位に終わっており、残念ながら三冠の夢も叶いませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です