当サイトの今後の運営方針≫

北谷直輝 46秒89 2016高校総体兵庫県大会 

この動画は2016年高校総体兵庫県大会の男子400m決勝。北谷直輝選手が、初めて46秒台を出した時の物です。北谷選手は前年度の全国高校総体にも出場していますが、同種目予選敗退に終わっており、本レースで大飛躍を遂げたといっても過言ではないでしょう。
県大会レベルという事もあり、300m地点で先頭に立っていますが、彼の真骨頂はラスト100m。終盤でこれほど柔らかいキックを持続できる選手は、歴代でも数えるほどしかいません。なかなか後天的に手にする事の難しい能力で、彼の場合もおそらく天性によるものでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です