日本の陸上競技場の一覧≫

宮本大輔 圧巻の走り 全日本中学陸上競技選手権大会100m決勝 10.57(+2.8)

この動画は、宮本大輔選手の中学三年時に参加した全中100m決勝のものです。
残念ながら中学記録(10.56)はローカルな大会で出されたので、動画は残されていないようですが、本動画でもその凄みは十分伝わると思います。

中学記録は20年以上10.6台に留まっていたのですが、宮本選手が一気に5台中盤まで短縮してしまいました。
全中の決勝でも、追い風参考ながら中学記録と同水準のパフォーマンスを発揮しています。
まるで一人だけ宙に浮いてるかのような印象すら受け、接地の短さや滑らかさは、トレイボン・ブロメル選手を彷彿とさせます。

この後、秋の国体では一学年上のサニブラウン・ハキーム選手と直接対決。
残念ながら大差で敗れてしまいます。しかし、洛南高校進学後も着実に力をつけており、
現在はサニブラウン選手の高校時代と遜色ないレベルの100mランナーに成長しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です