日本の陸上競技場の一覧≫

アンドレ・ドグラス 追い風参考ながら9.75 2015年NCAAチャンピオンシップス

ドグラス選手が、NCAAチャンピオンシップスを優勝した時の映像です。
同大会は日本インカレのようなもので、とてもステータスの高い大会です。

レースには世界ジュニア記録保持者のトレイボン・ブロメル選手も参加していましたが、全く寄せ付けない走りでしたね。
脅威なのは、彼はこの時点では陸上競技を始めて二年少々だったという事です。
動画からも分かるように、当時は腕ふりなどは非常に粗削りでした。
それでもこの記録で走ってしまう…。いやはや、恐ろしい才能ですね。

この後は、北京世界選手権に出場し、100mで見事銅メダルを獲得します。
ちなみに、トレイボン・ブロメル選手も同着のため、銅メダルが二人という珍しい結果になりました。
どちらも素晴らしい才能を有しており、学年も一つ違いなので、今後も良きライバルとしてしのぎを削って頂きたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です